軽い気持ちで始めたパパ活で体の関係をもってしまった体験談

友人に勧められて始めたパパ活で思わぬ出会いが

会社員として毎日真面目に働いていましたが、買い物や外食が大好きでいつも財布の中は空っぽに近い状態でした。
給料日前になると財布や貯金額を見てため息をつく日々でした。
そんなある日、友人がご飯をおごってくれると言うので何気ない会話の流れで友人にそのことを話すと思わぬ言葉が飛び出してきました。
「パパ活やってみたら?」
その時私はパパ活という言葉自体知らなかったので、ピンと来ませんでした。
友人によるとパパ活というのは体の関係はなしで、ご飯をおごってもらったり一緒にカラオケなどに行ってお小遣いを貰うシステムだという話でした。
「男性とお金が絡む関係でセックスなしなんて有り得ない」と思いましたが、友人も何度かパパ活をやったことがあって「本当に体の関係なしでお小遣いがもらえたんだよ」と教えてくれました。
その日家に帰ってパパ活について調べてみました。
特に怪しい感じもなかったので、「タダでご飯が食べられればラッキーだな」という軽い気持ちでサイトに登録しました。
サイトに登録して間もなく、沢山の男性から反応がありました。
魅力的な提案をしてくる人もいましたが、その中でも一番誠実そうな文章の男性と連絡を取り合うことにしました。

パパ活で出会った優しそうな男性とホテルへ

男性と2~3度連絡を取ったのち、実際に会うことになりました。
会う時に私が提示した条件は「ご飯をおごること」「お小遣いをくれること」でした。
お小遣いに関しては具体的な金額は提示せず、男性に任せることにしました。
当日、実際にその男性に会うと仕事が出来そうで、優しそうなイメージだったので「こんな男性もパパ活のサイトを使うんだ」と意外な感想をもちました。
食事中はとにかく楽しくて会話が弾みました。
同じような仕事をしていることもあって、私の仕事の悩みを聞いてくれていつの間にか男性に気を許していました。
お酒も入っていたこともあり、良い気分になってしまいその流れでご飯が終わった後につい男性とホテルへ直行してしまいました。彼はベットに腰かけた私にいきなりキス。ねっとりとした時間をかけたキスで腰がムズムズしてきて変な気分でした。
その後は少し強引でシャワーも浴びさせてくれずにいきなり服を脱がせてきました。そして私の体の隅から隅まで舐めてきます。
今まで付き合った彼氏でもこんな風な前戯はしてくれなかったので、自然とアソコが濡れてきました。
「お願い、もう挿れて」と思わず私のほうから言ってしまうほど気持ちよかったです。

初めての体験で彼の虜になってしまいました

挿入してくれた彼のペニスはとても大きくて、それで突かれるたびに体中を快感が突き抜けます。
「彼氏じゃない人とセックスしている」という背徳感も快感に拍車をかけ、大きな声で喘いでしまいました。その日は翌日は休みということもあって、朝までホテルに居ました。
「まさかパパ活で出会った男性と体の関係をもってしまうなんて」という戸惑いはありましたが、セックスのテクニックがすごくてもう私は彼の虜になってしまいました。ホテルから出る時に「はい約束のお小遣い」と数万円渡され、そのまま男性は帰っていこうとしましたが、このまま連絡が取れなくなるのは嫌だと思い私のほうから連絡先の交換を提案しました。
男性も快く応じてくれて、それからは食事をしてホテルに行ってセックスをするという付き合いになりました。
男性のプレイもノーマルなものから徐々にアブノーマルなものへと変わっていき、バイブや媚薬を使うように。バイブを入れられたまま何時間も部屋に放置されることもあり、絶頂に何度も達しました。
今まで経験したことがないセックスの快感にますます私は男性から離れられなくなってしまいました。
もともとMの素質があった私と、Sの気質の彼は体の相性が良かったのだと思います。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%91%E6%B4%BB

本気で好きになってしまったけど別れることに

そんな彼との関係も、ある日突然終わりました。
実は彼には奥さんと子供がいて私たちの関係がバレてしまったというのです。「バレてしまったので、もう二度と会えない」と申し訳なさそうに彼は私に謝っていました。
でも私はその時点で本気で彼のことが好きになっていたし、彼のセックスなしでは生きていけないと思っていたので、「なんとか奥さんに隠れて会えない?」と何度も何度も問い詰めました。でも結局最後まで、彼は首を縦に振りませんでした。
それからは二度と彼とは会っていません。いまだにあの時のセックスを思い出して体が火照る感覚があります。そんな時はオナニーで自分を慰めるのですが、体は満足しても気持ちは寂しさでいっぱいになります。
友人に勧められたパパ活ですが、まさかここまで夢中になる男性と出会ってしまうとは思ってもみませんでした。忘れらない人と出会ってしまい「お小遣いがもらえれば」と軽い気持ちで始めたことに後悔しています。
あれから彼の代わりになる人を探そうと何度もパパ活で男性と出会いました。中には食事やお小遣いを貰うだけでなく、セックスしてしまうこともありましたが、あんなに体の相性がぴったりな人とは出会えていません。
東京都|20代|女|会社員

https://news.yahoo.co.jp/search/?ei=UTF-8&p=%E3%83%91%E3%83%91%E6%B4%BB

Categories: yo

出会い系アプリを通じて知り合った男性に調教されちゃいました。

出会い系アプリを日常的に使ってみて。

私は20代の後半の独身者ですが、エステシャンという仕事柄、男性との出会いが全くありません。私がいる店舗は男性のお客様は利用が出来ませんし、スタッフも全員女性。しかも平日がオフなので、実生活では男性を感じることするありませんし、会話もする事がありません。

その上、彼氏居ない歴も1年7ヶ月になるので、私の中でかなり男性を欲する状態になっていました。20代前半の時は彼氏が居ても、合コンのお誘いもありましたが、最近は合コンすらなくて、同級生なんかは結婚している子も多くて、中には子育て中に子もいるくらいです。

今の職場にいたら彼氏なんて出来ないし、男友達も出来ないと分かりつつ、現職が天職と思っているので、転職するつもりはありません。
そうなると男性関係は自分で何とかするしかないと思ったので、私の中で禁断の世界だと思っていた出会い系アプリへ足を踏み入れたのです。

私の中で出会い系アプリ(出会い系アプリの森)を使って男性を探すことは、やりまん的な人がするイメージがありましたが、実際はそうでも無さそうで、普通に出会いを求めているOLさんやサラリーマンの方が多いことが分かり、そこからはどっぷりアプリで男性と出会うという単純な行為にまはっていきました。

 

最初は年齢差に戸惑いましたが、実際は魅力的でした。

アプリを利用するようなり、最初の頃は建前が先行してお友達募集とか、飲み友募集などというプロフの設定をしていました。
勿論、飲み相手とエッチまでする事もありましたし、アプリってとにかく手っ取り早く男性とゲットできると思うと、日常的にアプリを使う様になりました。

中には本当に一緒のお酒を飲んだり、会話を楽しんでエッチなしと言う男性もいましたし、リア恋愛に発展しような雰囲気の人もいました。しかし、私の中ではアプリを通じて知り合う男性とはリア恋愛はしないと決めていました。

アプリの世界で知り合う男性が信用できない訳ではありませんが、私はあくまでその場だけを楽しむ、互いの欲求を解消できると言う関係を保ちたいと思ったのです。

アプリを使う様になってから、1年が過ぎた頃に、年上の男性からのアプローチが増えるようになりました。以前は年下が好きだったので、年下メインで会っていましたが、ある日、DMが来たのは20歳も上の既婚者さんでした。

あまりの年齢差にどうかな?と思いましたが、DMのやりとりでも違和感なく、とても紳士的なやりとりが続いたので、段々と興味を惹かれて、実際にデートの約束をしたので、待ち合わせにやってきた彼はとてもダンディー系で当たりだと心の中で思いました。

めちゃくちゃ大人の対応に惹かれて彼にペースにはまりました。

20歳年上での彼はDさんと言って、大手企業に勤める方でした。奥様とは上手く言っているようですが、たまに息抜きでアプリを通じて女性と遊び、奥様では満足できない事を存分にして、楽しんでいると聞いて、奥様とできないことってなんだろう?と頭の中は一杯になりました。

Dさんは現在は関西方面へ転勤で行っていて、定期的に東京の自宅に戻ってくるそうですが、女性と遊ぶ時は奥様には東京へ居ない事にしていると言うことで、その日も時間を気にせずに一緒に居られると言われたので、初対面にして、朝まで一緒に過ごすのかな?と言う予感がありました。

その日は私に仕事上がりでしたので、結構疲れていた事もあり、軽く飲んで、ホテルへ移動しない?と、提案されました。ラブホはあまり好きではないと話すと、都心の高級なホテルを取ってくれました。

ルームサービスでシャンパンを頼んで、二人で夜景を見ながら飲みました。
すると、Dさんが私に裸を見せて欲しいというので、少し抵抗がありましたが、ここまで来たら流れに乗って楽しもうと決めたので、裸を見せました。すると、Dさんは私を立たせたまた、全身を舐め始めたのです。暫くぶりに興奮がマックスで途中から、立っている事が出来なくなりました。

調教という言葉が出た時は少し驚きましたが、Dさんならば調教されたいと思いました。


Dさんは私をベットに寝かしてくれると、ざらついた舌で全身を舐めてくれました。シャワーを浴びたいと言いましたが、それは受け入れてもらえず、長い時間をかけて舐めたのです。

私はDさんの舌でいきそうになると、Dさんがまだ我慢してといって、カバンの中からミニローターを出したのです。すると、ミニローラーを私にそっと手渡すと、ローターを自分で入れてごらんと言うのです。

自慰行為をたまにしますが、指専門なので、ローターを自分では入れたことがないと言うと、最初は手を添えてくれました。
始めて自分でローターを使い、絶頂を味わうと、次はアナルにローターを入れてきました。

私はアナル処女などでその事を伝えると、Dさんが、「今日から僕の調教をうけてみない?」と静かな声で言いました。調教だなんて少し怖いと言うと、調教を受けるとセックスが10倍良くなるから大丈夫だと言われたので、流れに任せました。

 

 

 

その日はアナルプレイをされて、明け方は自慰行為をDさんに見せる様に命じられました。
二度目にDさんに会ったのは2週間後でしたが、その時は浣腸プレイと亀甲縛りを体験しました。

現在、Dさんに出会って、4ヶ月目に入りましたが、今ではすっかりDさん好みの体になり、本当にセックスが10倍良くなりました。アプリで知り合った男性の中でDさんは今のところ最強の男性です。(http://news.livedoor.com/article/detail/16209200/
29歳 東京都 エステシャン 女性

 

Categories: yo

【セックスレスな恋人とは感じた事のない快感】為徳暇つぶしトーク出会え系

彼女はいるのですが、ほぼセックスレスな関係になっていました。
決して嫌いになったわけではなく、彼女も私を嫌いというわけではないようで、楽しく話もデートもするのですが、セックスがないのです。
彼女があまりそういう事が好きでなく、さりげなく拒否されるので、自然とそうなってしまった感じです。
エッチばかりを彼女に求めているわけではないのですが、どうしても欲求不満になってしまい、出会い系サイトに登録しました。

出会い系サイトは若い人同士が利用するというイメージがあったのですが、意外と同年代の女性も数が多く、すこし安心しました。
相手がいる人であれば、お互いにある程度は割り切って考えられそうなのでいいなと思っていました。
そして、私より3歳若い30代前半の女性とマッチングしました。
彼女にも恋人がいて、似たような悩みを抱えていました。

髪が長く、美形の人でした。
OLさんで、今の彼氏とは流れで結婚するようなしないような、よく分からない関係だと言っていました。
サイトで知り合った人と会うのは初めてといっていました。
実際に会う前に、ラインでいいムードのやり取りがあったので、すぐに打ち解けました。
会話が楽しいので、喫茶店に1時間もいてしまうほどでした。
そして、ホテルに行きました。

彼女はもう1年はしていないと言っていました。
「魅力がないのかな」というので、私は「そんな事ない、すごく魅力ある人だと思った」と伝えました。
彼女は嬉しそうにして、私にキスをしてくれました。

私の方も久しぶりのセックスでした。
今の恋人は完全に受け身で、私が一方的にするのですが、今日の彼女はキスしながら私のあそこをしごいたり、フェラチオをしてくれたりしました。
感激して、ああこんな人が彼女だったらな、と思ってしまいました。

久しぶりという事もあり、入れる時に少し焦ってしまいました。
すると彼女が私のペニスをあそこに導き、そして私の首と腰に手を回し、私を抱き寄せました。
久々に入れた快感は、こんなに気持ちよかったっけと思うほどでした。
あまりに気持ちがいいので自分だけいきそうになってしまいましたが、彼女も感じさせないとと思い、セーブしながらしました。

「私、寝ながらするバックが感じるんです」
と彼女が言うので、寝バックもしました。
彼女が足を閉じた格好で入れる形になるので、締まり方がすごく、気持ちよさがすごかったです。
これは僕の方が耐えられないと思いましたが、彼女が「もっと奥に入れて」というので、がんばって深く入れてピストンすると、簡単に彼女はいってしまいました。
その時にあそこをすごい小刻みに震え、そしてすごい締まり方をするので、私も気持ちよすぎていってしまいました。

一回した後はもっと打ち解け、自然とエッチな会話が出来るようになりました。
そして、お互いにしてみたい事をたくさんしました。
お世辞かも知れませんが、彼女は「こんなに気持ちいのは初めて」と言ってくれました。
僕の方は、セックスの相性がいいって、こんなにいい事なのかと思ってしまいました。
出会ったばかりだというのに、彼女に夢中になってしまいました。
【長野県30代男CADオペレーター】

Categories: yo